オススメリンク

アーカイブ

居抜きの開業物件

治療

歯科医院の開業物件について大きく2つに分かれます。
一から造作する新築物件と居抜物件です。
予算を低く抑えたい場合は居抜物件をオススメします。
居抜物件は、設備を引き継いで使用できるため、すぐに開業できるメリットがあります。
居抜の場合は、ユニットやレントゲンが継続使用でき、処分するにはもったいないケースや院長先生の都合により閉院せざるを得ないケースになった場合など、開業を考えている先生には設備を譲り、譲渡代金のみを支払うだけで開業にこぎつけるケースが多いです。
物件については不動産会社で募集がかけられていることもあります。
設備投資を考えると、使用できるものを引き継げる方が、比較的短期間で開業できる上、譲渡金額が設備投資の額以下なら居抜物件の方がオススメです。

一から造作するもの

一から造作する開業物件は、歯科医院として開業するまでに一年近くの時間がかかります。
医院を建築するため、ユニットやレントゲン、待合室、トイレなど、思い通りの形にできる自由度があります。
その反面、設備投資にお金がかかりますので、開業資金を金融機関から借入される先生が多いです。
そのため、事業計画で来院患者数や人件費、設備投資額など計画から剥離していないか実態を把握しておく必要があります。
患者さんの評判が口コミで広がれば、医院の運営が軌道に乗り、借入も問題なく返済できる流れが一番理想的です。
居抜と比較すると開業するまでに長時間を要することになりますが、思い描く形で患者さんを治療したり、従業員を気持ちよく働かせる環境作りもできるメリットもあります。

歯科医院を開くために

多くの人々が利用している医療機関の一つに歯医者と言うものがあります。
それは虫歯になった時や歯に異常などがある場合に行く病院となっています。
しかし、近年では歯や口腔内のトラブルに悩まされている人が多くなっている傾向にあるために、歯医者の数の不足が叫ばれています。
その様なことがあるために多くの人々が自分で歯科医院を開業しています。
開業するために必要なことは多くあり、医療スタッフの確保や歯科治療を行うために必要な医療機器などを揃える必要があります。
その様なことがあるために、歯科医院を個人単位で開くために必要なことは通常の病院に比べても多くなっている傾向にあり、多くの人々がしっかりと医院を開業しています。

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031